グループホーム 下のメニューから見たいページをクリックしてください
    サービストップへもどる  
  グループホームについて
さと
やかた
おか
さとブログ
やかたブログ
おかブログ
 

 

■花の村のグループホームの特徴

 

 

このページをご覧になられている方は、グループホームに関心のある方だと思います。ご両親や近親者の利用を考えられている方もいらっしゃるでしょう。

このグループホームですが、いまでは江津市内にもたくさんの施設ができています。

他の施設との違いをアピールできないかもしれませんが、それでもいくつかの特徴を紹介させていただこうと思います。

 

○特徴その1…温泉!

ひとつめは、温泉を利用できること!です。
花の村には、花の村温泉という施設があります。
(くわしくはこちらのページをご覧ください)
グループホームを利用される方は、この温泉施設を利用することができます。
温泉を引いている施設はなかなかありません。
赤茶色で、みためはあまりきれいではありませんが、泉質がよく、身体がしんから温まると評判の温泉です。
2台のマッサージ器がありますのでこちらも自由にお使いいただけます。


○特徴その2…子どもたち!

もうひとつは、すぐ近くにさくら保育園があることです。
小さなお子さんとコミュニケーションをとれる
散歩のついでに保育園によることは常ですし、
保育園の行事にグループホームから参加したり、
逆に保育園の園児さんがグループホームに
遊びに来られたり、行き来が多いのが特徴です。

○特徴その3…職員!

認知症改善の取り組みを進めていることでしょうか。
具体的にいいますと、たとえば職員が少し離れた
事務所に用事があるとき、利用者さんにも
よく一緒についてきていただきます。
運動もそうですが、事務所に行けば
グループホーム内では接することのない
多くの職員と接することができます。


○他にも

そして、菜園がありますので、作業ができる方には
これも一緒に手伝っていただきます。
現存する身体能力を維持していただけるよう
意識して外出を増やすようにしています。

また、水分補給をしっかりとっていただいています。
著しく水分が失われると意識レベルが低下して
認知症に拍車がかかります。
逆に、適切な水分を摂取できていれば
覚醒した意識レベルを保つことが可能です。
といいましても、利用者さんの許容量を超えて
無理に飲んでいただくことはありませんので
ご安心ください。

はじめは半信半疑ではじめたことでしたが、
たとえば声掛けに対する反応が明らかに
よくなられたり、トイレでの失敗が少なくなるなど、
これらの取り組みを通して
認知症のレベルが緩和されたと
実感できることも多々ありますよ。

 

■グループホームの1日

「グループホームでの1日の生活はどのようなものですか?」

これについては、下の図をご覧ください。おおまかな流れになりますが、このような流れとなります。職員は、日中は3人、夜間は1.5人の体制となります。

 
日中は3名、夜間は1名の職員が配置され、入浴・食事・排泄の介助します。

 

■虐待防止に向けて

福祉施設での虐待発生について、ときどきニュースで流れていますよね。花の村のグループホームは大丈夫ですか??

グループホームは、職員による虐待が発生しやすい施設といわれています。残念なことですが、実際統計上も裏付けがされています。花の村では虐待はありません!と言い切りたいところですが、虐待の芽はどこにでもいつでもあると思っています。花の村にないとは言い切れません。花の村では、定期的に施設内研修を実施して虐待を許さない体制を整えることに努めています。何かお気づきの際は、小さなことでも遠慮なくおっしゃってください。

 

■防災への取り組み

そういえば、グループホームといえば、火災で利用者が死傷するという出来事が何度かありましたね。花の村のグループホームは大丈夫ですか??

医療や福祉施設での火災がにより、死傷者が生じる報道が絶えませんね。花の村では、設置基準通りスプリンクラーを設置しています。また、避難訓練も年に3回以上実施していて、訓練後には反省会を開き、素早く的確な対応ができるよう心がけています。また、防火委員会を月に1回開催し、防災に対する取組もすすめています。この取り組みの中で、現在では万が一のときの備えとして備蓄物を用意できるようになりました。安全衛生委員会の設置による活動を含め、さまざまな取組を継続させることで、安全や防災に対する職員の意識を向上させる努力をしています。

 

■主な設備

グループホームの設備について教えていただけますか?

くわしくは、各グループホームのページをご覧ください。そちらで詳しく紹介しています。

個室
エアコン完備・クローゼット・ベッド・洗面所(「おか」は共用)  ※1部屋あたり概ね7帖程度です。
共用
台所 食堂 居間 床暖房 トイレ 浴室(隣接する温泉も利用できます) 洗濯室、洗面所(「さと」「やかた」は居室に完備)
タンス、衣服など、ご自宅で使い慣れたものをなるべく持ちこんでいただいています。荷物を持ち込むことで、おちつける自分らしい部屋をつくっていただけます。z

 

■入所できる方

グループホームは、どんな人が利用できる施設なのでしょうか?

日常生活が概ね自立されている方で、共同生活が可能な方が対象となっています。ですから、寝たきりの方や、常に入院による治療が必要な方は対象となりません。

 

■要介護認定を受けられていない方

花の村の在宅介護支援センター、または、お住まいの市町村の介護保険課にお問い合わせいただき、要介護認定を受けてください。

 

■要介護認定を受けられた方

花の村、居宅介護事業所(ケアマネージャー)を通じて、または直接当事業所まで直接お申し込み下さい。介護保険によるサービスですので、要介護度1〜5の方は、介護保険による給付(自己負担1割)が受けられます。

敷地内には、デイサービスやヘルパーをはじめ、利用者のみなさんが利用できる温泉施設があります。また、「さと」「やかた」の隣には散歩でよく向かう保育園があります。温泉は、広い浴槽でゆっくりつかることができますし、保育園には散歩だけではなく、ときどき行事にも参加しています。園児とのふれあいが持てるのは、花の村グループホームの大きな特徴のひとつです。また、生活の中で、デイサービスや事務所にもよく訪問していただいています。このようにグループホーム外での人間関係を築くことも可能です。花の村では、総合的な支援を実現していきます。

 

 

 

           当ホームページへのリンクはご自由に貼ってください。ご意見やご感想はメールでお気軽にどうぞ。
           なお、当ホームページに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
           Copyright (C) 2005 hananomura. All Rights Reserved.