居宅介護支援事業所 下のメニューから見たいページをクリックしてください
    トップへもどる  
  居宅介護支援について
サービス内容
居宅介護支援詳細
ご利用の流れ
    ケアマネブログ
 

 

事業内容

・介護サービス計画(毎月の月間介護計画を含むケアプランの作成)
・サービス事業者や施設との連絡調整など。
・居宅サービス計画の作成、居宅サービス事業者との連絡調整、経過観察、評価
・介護保険施設の紹介
・各種ご相談への対応、高齢者の方やそのご家族の方のご相談を受けます。
・居宅サービス利用時の苦情受付をします。

事業内容の解説

花の村の居宅介護支援事業所は合歓の郷にあり、5名の介護支援専門員(「ケアマネージャー」といいます)がみなさんのお手伝いをさせていただいています。自立した自分らしい生活を送るためにどのようなサービスを利用すればよいのか。利用者の方やご家族と一緒に考え、その考えにそった介護サービス計画(ケアプラン)を立てていきます。

つまり、利用者にとって必要なサービス、よりよいサービスを紹介し、それを利用するか否かを検討していきます。そして、そのサービスを受けることになれば、サービス提供機関との調整をしていきます。介護サービス計画とは、その結果できた予定表のことです。そして、介護支援専門員は、その利用者の方がそれらのサービスを受けたことによって、どのような変化があったのかなどの経過観察を行い、その結果を次回の介護サービス計画に反映させていきます。

その他にも、介護についての悩みについて、介護サービスに関して、利用者の方やご家族から苦情や疑問がありましたら、それにつきましても相談させていただきます。

ご相談方法は、電話での相談、来所での相談、訪問での相談のいずれにても行いますので、ご都合のよい方法を選択して下さい。もちろん、相談内容に関する秘密は必ず守りますので、安心してご相談ください。なお、介護サービス計画作成・相談の費用は全額介護保険から支払われますから、個人負担はありません

(補足:関係機関利用の調整等で煩雑なところもありますが、介護支援専門員を介さずに、ご本人で介護サービスプランを作成することもできます。)

介護支援専門員(ケアマネージャー)について

医師・歯科医師・薬剤師・保健婦(士)・看護婦(士)理学療法士(PT)・作業療法士(OP)・社会福祉士・介護福祉士等をはじめとする保健・医療・福祉サービスの従事者の内一定の実務経験があり、試験に合格した後、実務研修を終了した人で、サービスを利用する方が自立した日常生活を送る為に必要な援助に関する専門的な知識・技術を持った人のことです。

ケアマネジャーは常に身分証を携行し、ご利用者やご家族から提示を求められた時は、いつでも身分証を提示します。

 

 

           当ホームページへのリンクはご自由に貼ってください。ご意見やご感想はメールでお気軽にどうぞ。
           なお、当ホームページに掲載されている文章、写真等の無断転載・転用を禁止します。
           Copyright (C) 2005 hananomura. All Rights Reserved.